2021/10/18
当院の姿勢改善治療をご紹介!!

こんにちは、甲子園口みやび整骨院院長の紺田です!!

今回は、当院の姿勢改善治療のご紹介をしてきます。

 

 

その前に姿勢を正す必要性を簡単にご説明させていただきたいと思います。

人は誰しもが日々かかる負担と付き合いながら生活をしています。

体を支えているのは、骨と筋肉です。

筋肉は骨から骨へ移り、骨の位置関係や状態の良さがご自身のお体の調子につながります。

姿勢が歪むと歪んだ分だけおからだに対しての負担はきつくなってきます。

 

 

常にかかる負担をいかに最小限に抑え、状態を保つ力を備えておくのかが今後の皆様のおからだにとって必要なことになってきます。

 

 

当院では、姿勢改善を目指すにあたって下記のように治療を進めていきます。

 

 

 

〜骨盤矯正〜

人のからだは206個もの骨の組み合わせで支えられていると言われています。

その数ある骨の中でも中心部分に位置し骨の核となる骨盤を中心に背骨などの歪みの原因に対しての矯正をしていきます。

矯正といえば手でボキボキするイメージがある人もおられるんではないでしょうか?

 

 

当院では、トムソンベッドを使って矯正を行います。

トムソンベッドは、カイロプラクティックの技のひとつであるトムソンテクニックによって施術をする際に使用される専用のアイテムです。 トムソンテーブルと呼ばれることもあります。 通常の平台状のベッドとは異なり、頭部と胸部、腰部と骨盤部ごとに足置台が独立した状態で設置されているのが特徴です。

こちらは、患者さまの体重を使って、施術者が少しだけ力を加えるだけで矯正ができるものになります。

痛みは、全くと言っていいほど無く、ケガのリスクもほとんどありません。

 

 

 

〜インナーマッスル強化(EMS)〜

先ほども記載させていただいたように、人の姿勢を支えるのは、骨と筋肉です。

骨盤矯正で姿勢を整えたあと、そのままだと悪い状態でからだが姿勢を記憶してしまっている場合、せっかくいい状態に戻してもいずれ戻ってしまいます。

当院では、矯正をしたあとEMS(Electrical Muscle Stimulation)でインナーマッスル(深層筋)を強くして姿勢の安定性を図り戻りにくいおからだにしていきます。

 

 

EMSとは?

筋肉に電気的な他動運動をさせることにより筋を訓練し強化する方法を言います。
人間の身体の細胞1つ1つは微弱電気を発生しており(生体電気)、生命現象の維持、継続に不可欠な働きをしています。この生体電気は、筋肉や筋肉を支配する運動神経を電気(電流)で刺激すると、その筋肉は収縮するという現象を起こします。
人間が手足を曲げたり伸ばしたり、心臓や胃腸などの内蔵の動きは、全て人体の電気作用によって行われます。
そのことを利用して筋を訓練し強化する方法がEMS( Electric Muscle Stimulation)であり、理論上極めて高い効果が得られるとされています。

現在の姿勢が今後の5年、10年を決定づけるといっても過言ではありません!!

 

ご自身のおからだの状態や今後に対しての不安などに対して当院で治療してみませんか?

 

お気軽にご連絡、ご来院ください!

LINEでのご予約も承っております!