2022/04/14
女性の悩みで多い「むくみ」の特徴

こんにちは!

甲子園口みやび整骨院 院長の紺田です!!

 

今回は特に女性の皆さんが悩まれているであろう【むくみ】についてお伝えしていきます。

 

 

 


初めに意識していただきたいのは、むくみのほとんどは病的なものではなく、体質や生活習慣によるものだということです

夕方には症状が重くなるけれど、寝れば翌朝には治るという場合はあまり心配はいりません。

むくみは体のあちこちで起こります。特に多いのが脚と顔。

水分や塩分、アルコールのとりすぎ、身体を圧迫し過ぎて起きる場合、疲労や血行不良によるもの等々……むくんだ日にはその原因を振り返ってみてください。原因を振り返り、むくみの起こりやすい状態をなるべく作らずに過ごすことが、むくみに対してとても重要です!

急にむくむようになった、片足だけむくむ、痛みを伴うといった場合には病院の受診をおすすめしますが、長年むくみに悩んでいるという人は、このブログを読んでいただければと思います

 

 


〇そもそもむくみとは?

 

 

 

 

まず人間の体のおよそ60%は水分でできており、そのうち40%は細胞内(細胞内液)に、20%は細胞外(細胞外液)にあります。このうち、細胞外液がむくみに関わってきます。

通常、細胞外液は、血液(血漿やリンパ液)が5%、細胞と細胞の間にある水分(組織間液)が15%の割合で成り立っています。

これらの水分は毛細血管を通じて行き来して、細胞に栄養を届けたり、老廃物を除去したりしていますが、通常は体内の水分の割合は維持されています。

しかし、そのバランスが崩れて組織と細胞の間に余分な水分が溜まると、むくみが発生します。

 

 


 

〜むくみを解消するための間違った知識〜

 

 

1,むくみ解消のために水分は控える

 

これは皆さんイメージしやすいものかとおもわれますが…

むくみは余分な水分だからとったら余計にむくむのでは…と。これは間違いなんです。人の体には、適切な水分の割合があり、それを維持する仕組みが備わっています。

ですから、水分が足りなければ喉の渇きとしてシグナルが発せられたり、水分を摂り過ぎれば尿として排泄されます。

むくみの主な原因は、水分量ではなく血液循環の不良。それを取り除かなければ、むくみは改善しません。

 

 

2,お酒で顔がむくむ

お酒を大量に飲んだ次の日に、鏡に映った顔が真ん丸に。もうお酒は控えようと決意した人には、驚きの事実かもしれません。

実はアルコールのせいでむくむということはありません。アルコールには利尿作用があるので、むしろ体内の水分は減るはずなのです。

では、なぜお酒を飲んだ翌朝の顔がパンパンになるのかというと、お酒と一緒に塩分たっぷりの食事を摂っていることがひとつ。さらに、お酒を飲んですぐに寝ると抗利尿ホルモンが出て、本来排出されるべきお酒の水分が体の中に溜め込まれることが考えられます。

飲酒は適量に留めることが好ましいですが、お酒を我慢してもむくみ解消の効果はありません。

 

 

 

3,ダイエットで解消できる

 

体内の余分な水分は皮下脂肪の隙間に溜まるので、太っている人ほどむくみやすいというのは事実です。

しかし、ダイエットをすればむくみが解消するかというと、一概にそうとは言えません。食事制限による無理なダイエットで栄養バランスが乱れると、体内の水分調節に必要な栄養素の摂取も減ってしまい、かえってむくむこともあるのです。特に女性では、貧血や栄養失調が原因でむくんでいる場合もあるので、注意が必要です。

 

 

基本的には日頃から塩分を控え、血液の循環を良くすることでむくみを解消できることが多いです。

特にむくみのある部分に局所的にマッサージをすることで大きな効果が期待できます!!

 

 

 

間違った知識のままでは改善できるものもできません。

しっかり正しいケアの方法を身につけましょう!

 

LINE、ホットペッパーでのご予約も承っております!!

是非お気軽にご連絡ください!!